FC2ブログ
プロフィール

visakawano

Author:visakawano
河 野 聡(かわのさとし)

行政書士大阪移民法務事務所所属
入国在留審査関係申請取次行政書士

在留資格(VISA・ビザ)・帰化手続サポートセンター【兵庫(神戸)・大阪・京都・近畿】←当職の運営するサイトです。是非ご覧ください。

行政書士神戸移民法務事務所←これまで所属していた事務所のサイトです。是非ご覧ください。

メールフォーム
業務に関するお問合わせ・ご質問はこちらからどうぞ。初回のみ無料にて返信させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
外国人の永住要件、改定へ 技能実習期間などは算入せず 報道
外国人の永住要件、改定へ 技能実習期間などは算入せず

新法の成立ありきで拙速にすすめていますから、他の制度の趣旨などと整合しない部分が出てきそうですね。

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑ランキングに参加しています。クリックお願い致します。

スポンサーサイト
永住 | 【2018-11-07(Wed) 11:44:11】
Trackback:(0) | Comments:(0)
泉北郡(高石市・泉大津市・忠岡町)での永住許可申請サポート
永住許可

永住許可は、一定期間以上日本に在留している外国人が永住者への在留資格の変更を希望する場合に法務大臣が与える許可です。
永住許可を受けた外国人は、「永住者」の(在留)資格により我が国に在留することになります。「永住者」は在留活動・在留期間のいずれも制限されないという点で、他の在留資格により在留する外国人に比べ安定した生活ができるといえます。

基本的要件

①素行が善良であること
②独立の成形を営むに足りる資産又は技能を有すること
③その者の永住が日本国の国益に合すると法務大臣が認めたとき
ア 原則として引き続き10年以上本邦に在留していること。ただし、この期間のうち就労資格又は居住資格をもって引き続き5年以上在留していることを要する。
イ 罰金刑や懲役刑などを受けていないこと。納税義務等公的義務を履行していること。
ウ 現に有している在留資格について、出入国管理及び難民認定法施行規則別表第2に規定されている最長の在留期間をもって在留していること。
エ 公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと。
※  ただし、日本人・永住者又は特別永住者の配偶者又は子である場合には、(1)及び(2)に適合することを要しません。また、難民の認定を受けている者の場合には(2)に適合することを要しません。


原則10年在留に関する特例

①日本人,永住者及び特別永住者の配偶者の場合,実態を伴った婚姻生活が3年以上継続し,かつ,引き続き1年以上本邦に在留していること。その実子等の場合は1年以上本邦に継続して在留していること
②「定住者」の在留資格で5年以上継続して本邦に在留していること
③難民の認定を受けた者の場合,認定後5年以上継続して本邦に在留していること
④外交,社会,経済,文化等の分野において我が国への貢献があると認められる者で,5年以上本邦に在留していること

その他、現在の資格・個別事情により必要とされる期間は異なります。

申請手続きのサポート

 お仕事をされているなど平日がお休みでない場合、自分で手続をおこなったり証明書等を取りに行くのは困難だと思われます。また、よりスムーズな永住許可申請を行うためにも、専門家にご依頼されることをお勧めします。

 私の所属する行政書士大阪移民法務事務所でも、これまで経験に基づき、永住許可の申請をしようとお考えの方に対して、手続きのサポートをおこなっております。
 当事務所は大阪市中央区東心斎橋(地下鉄長堀橋駅から徒歩3分、心斎橋駅から徒歩10分以内)ですので、泉北郡(高石市・泉大津市・忠岡町)内にお住まい、お勤めの方は是非ご相談ください。
 それ以外の地域の方であっても、提携事務所のご紹介をはじめ、ご相談の上で出来る限りのサポートをさせていただきます。 

 手続サポートの詳細・費用についてはご相談ください。お問合わせ・ご質問フォームからメールをいただければ、初回のみ無料にて返信させていただきます。

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ
↑ランキングに参加しています。クリックお願い致します。
 

永住 | 【2012-02-20(Mon) 14:08:37】
Trackback:(0) | Comments:(0)
泉佐野市・泉南市での永住許可申請サポート
永住許可

永住許可は、一定期間以上日本に在留している外国人が永住者への在留資格の変更を希望する場合に法務大臣が与える許可です。
永住許可を受けた外国人は、「永住者」の(在留)資格により我が国に在留することになります。「永住者」は在留活動・在留期間のいずれも制限されないという点で、他の在留資格により在留する外国人に比べ安定した生活ができるといえます。

基本的要件

①素行が善良であること
②独立の成形を営むに足りる資産又は技能を有すること
③その者の永住が日本国の国益に合すると法務大臣が認めたとき
ア 原則として引き続き10年以上本邦に在留していること。ただし、この期間のうち就労資格又は居住資格をもって引き続き5年以上在留していることを要する。
イ 罰金刑や懲役刑などを受けていないこと。納税義務等公的義務を履行していること。
ウ 現に有している在留資格について、出入国管理及び難民認定法施行規則別表第2に規定されている最長の在留期間をもって在留していること。
エ 公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと。
※  ただし、日本人・永住者又は特別永住者の配偶者又は子である場合には、(1)及び(2)に適合することを要しません。また、難民の認定を受けている者の場合には(2)に適合することを要しません。


原則10年在留に関する特例

①日本人,永住者及び特別永住者の配偶者の場合,実態を伴った婚姻生活が3年以上継続し,かつ,引き続き1年以上本邦に在留していること。その実子等の場合は1年以上本邦に継続して在留していること
②「定住者」の在留資格で5年以上継続して本邦に在留していること
③難民の認定を受けた者の場合,認定後5年以上継続して本邦に在留していること
④外交,社会,経済,文化等の分野において我が国への貢献があると認められる者で,5年以上本邦に在留していること

その他、現在の資格・個別事情により必要とされる期間は異なります。

申請手続きのサポート

 お仕事をされているなど平日がお休みでない場合、自分で手続をおこなったり証明書等を取りに行くのは困難だと思われます。また、よりスムーズな永住許可申請を行うためにも、専門家にご依頼されることをお勧めします。

 私の所属する行政書士大阪移民法務事務所でも、これまで経験に基づき、永住許可の申請をしようとお考えの方に対して、手続きのサポートをおこなっております。
 当事務所は大阪市中央区東心斎橋(地下鉄長堀橋駅から徒歩3分、心斎橋駅から徒歩10分以内)ですので、泉佐野市内・泉南市内にお住まい、お勤めの方は是非ご相談ください。
 それ以外の地域の方であっても、提携事務所のご紹介をはじめ、ご相談の上で出来る限りのサポートをさせていただきます。 

 手続サポートの詳細・費用についてはご相談ください。お問合わせ・ご質問フォームからメールをいただければ、初回のみ無料にて返信させていただきます。

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ
↑ランキングに参加しています。クリックお願い致します。
 

永住 | 【2012-02-14(Tue) 14:05:53】
Trackback:(0) | Comments:(0)
岸和田市・貝塚市内での永住許可申請サポート
永住許可

永住許可は、一定期間以上日本に在留している外国人が永住者への在留資格の変更を希望する場合に法務大臣が与える許可です。
永住許可を受けた外国人は、「永住者」の(在留)資格により我が国に在留することになります。「永住者」は在留活動・在留期間のいずれも制限されないという点で、他の在留資格により在留する外国人に比べ安定した生活ができるといえます。

基本的要件

①素行が善良であること
②独立の成形を営むに足りる資産又は技能を有すること
③その者の永住が日本国の国益に合すると法務大臣が認めたとき
ア 原則として引き続き10年以上本邦に在留していること。ただし、この期間のうち就労資格又は居住資格をもって引き続き5年以上在留していることを要する。
イ 罰金刑や懲役刑などを受けていないこと。納税義務等公的義務を履行していること。
ウ 現に有している在留資格について、出入国管理及び難民認定法施行規則別表第2に規定されている最長の在留期間をもって在留していること。
エ 公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと。
※  ただし、日本人・永住者又は特別永住者の配偶者又は子である場合には、(1)及び(2)に適合することを要しません。また、難民の認定を受けている者の場合には(2)に適合することを要しません。


原則10年在留に関する特例

①日本人,永住者及び特別永住者の配偶者の場合,実態を伴った婚姻生活が3年以上継続し,かつ,引き続き1年以上本邦に在留していること。その実子等の場合は1年以上本邦に継続して在留していること
②「定住者」の在留資格で5年以上継続して本邦に在留していること
③難民の認定を受けた者の場合,認定後5年以上継続して本邦に在留していること
④外交,社会,経済,文化等の分野において我が国への貢献があると認められる者で,5年以上本邦に在留していること

その他、現在の資格・個別事情により必要とされる期間は異なります。

申請手続きのサポート

 お仕事をされているなど平日がお休みでない場合、自分で手続をおこなったり証明書等を取りに行くのは困難だと思われます。また、よりスムーズな永住許可申請を行うためにも、専門家にご依頼されることをお勧めします。

 私の所属する行政書士大阪移民法務事務所でも、これまで経験に基づき、永住許可の申請をしようとお考えの方に対して、手続きのサポートをおこなっております。
 当事務所は大阪市中央区東心斎橋(地下鉄長堀橋駅から徒歩3分、心斎橋駅から徒歩10分以内)ですので、岸和田市内・貝塚市内にお住まい、お勤めの方は是非ご相談ください。
 それ以外の地域の方であっても、提携事務所のご紹介をはじめ、ご相談の上で出来る限りのサポートをさせていただきます。 

 手続サポートの詳細・費用についてはご相談ください。お問合わせ・ご質問フォームからメールをいただければ、初回のみ無料にて返信させていただきます。

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ
↑ランキングに参加しています。クリックお願い致します。
 

永住 | 【2012-02-13(Mon) 14:04:13】
Trackback:(0) | Comments:(0)
富田林市内・狭山市内での永住許可申請サポート
永住許可

永住許可は、一定期間以上日本に在留している外国人が永住者への在留資格の変更を希望する場合に法務大臣が与える許可です。
永住許可を受けた外国人は、「永住者」の(在留)資格により我が国に在留することになります。「永住者」は在留活動・在留期間のいずれも制限されないという点で、他の在留資格により在留する外国人に比べ安定した生活ができるといえます。

基本的要件

①素行が善良であること
②独立の成形を営むに足りる資産又は技能を有すること
③その者の永住が日本国の国益に合すると法務大臣が認めたとき
ア 原則として引き続き10年以上本邦に在留していること。ただし、この期間のうち就労資格又は居住資格をもって引き続き5年以上在留していることを要する。
イ 罰金刑や懲役刑などを受けていないこと。納税義務等公的義務を履行していること。
ウ 現に有している在留資格について、出入国管理及び難民認定法施行規則別表第2に規定されている最長の在留期間をもって在留していること。
エ 公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと。
※  ただし、日本人・永住者又は特別永住者の配偶者又は子である場合には、(1)及び(2)に適合することを要しません。また、難民の認定を受けている者の場合には(2)に適合することを要しません。


原則10年在留に関する特例

①日本人,永住者及び特別永住者の配偶者の場合,実態を伴った婚姻生活が3年以上継続し,かつ,引き続き1年以上本邦に在留していること。その実子等の場合は1年以上本邦に継続して在留していること
②「定住者」の在留資格で5年以上継続して本邦に在留していること
③難民の認定を受けた者の場合,認定後5年以上継続して本邦に在留していること
④外交,社会,経済,文化等の分野において我が国への貢献があると認められる者で,5年以上本邦に在留していること

その他、現在の資格・個別事情により必要とされる期間は異なります。

申請手続きのサポート

 お仕事をされているなど平日がお休みでない場合、自分で手続をおこなったり証明書等を取りに行くのは困難だと思われます。また、よりスムーズな永住許可申請を行うためにも、専門家にご依頼されることをお勧めします。

 私の所属する行政書士大阪移民法務事務所でも、これまで経験に基づき、永住許可の申請をしようとお考えの方に対して、手続きのサポートをおこなっております。
 当事務所は大阪市中央区東心斎橋(地下鉄長堀橋駅から徒歩3分、心斎橋駅から徒歩10分以内)ですので、富田林市内・狭山市内にお住まい、お勤めの方は是非ご相談ください。
 それ以外の地域の方であっても、提携事務所のご紹介をはじめ、ご相談の上で出来る限りのサポートをさせていただきます。 

 手続サポートの詳細・費用についてはご相談ください。お問合わせ・ご質問フォームからメールをいただければ、初回のみ無料にて返信させていただきます。

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ
↑ランキングに参加しています。クリックお願い致します。
 

永住 | 【2012-02-07(Tue) 14:00:58】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ